オンラインゲーム・UOと大航海時代の絵とマンガとSSと駄文の日記です。

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死人の箱には 15人の男と ラム酒が一瓶 ヨー・ホゥ・ホゥ
まぁ飲め あとの奴らは悪魔に やられた ラム酒が一瓶 ヨー・ホゥ・ホゥ

*船乗りの唄「死人の箱には15人」*

―――リスボン酒場
喧騒賑わう酒場のカウンター片隅でべろべろに酔っ払う男が一人
酒場の看板娘、クリスティナもこの酔いつぶれた客のあしらいに困った様子だ。
「ねぇ、もうそこまでにしたら?これ以上飲んだら宿まで歩いて帰れないわよ?」
男はクリスティナの気遣いもまるで耳に入っていないように酒の入ったグラスを煽る
…グラスを握る手が心なしか震えているように見えるのは酒のせいでだけなのだろうか?
「…見ちまったんだ」
「え…なに?」
男は周囲に聞こえないような消え入りそうな声でそうつぶやいた
「やつら…今もエモノをさがしてさまよってるんだ…海に出たら死んじまう!」
クリスティナは酔っ払いの相手は日常茶飯事で扱いにはなれたものだったが
この客はどうやら他の酔っ払いとはなにか違う雰囲気を感じ取り、困惑している
どうしたものかと視線を周囲にめぐらせた時、入り口の扉を開けて入ってくる
一人の女を見つけた。
「Manonさん!おかえりなさい、いつリスボンへ?」
見慣れた顔を見、安堵のため息を吐き、その声をかけた人物をカウンターへ招き寄せる
渡りに船、とクリスティナは嬉しくなった
「ただいま!風向きが良くて予定より早く帰ってこられたの」
「毎日グロッグと乾パンばっかりだったから、生ハムを頂戴、ワインもね」
女と呼ぶにはまだ若く子供っぽさの残る顔立ちをした女は嬉しそうに
クリスティナの問いかけに答えた
「ねね、今回はドコへいってきたの?おみやげは~?」
気心知れた仲なので気安く目の前のカウンター越しの少女に戦利品をねだる
「今回はね、カリブまで遠出してき…」
少女の会話が言い終わる前に隣で酔いつぶれていた男が起き上がるや否や
尻餅をついて床に転がった
「あぁ…あ……」
男の顔は青ざめている
Manonと呼ばれた少女もこの男に気が付き持ち前のおせっかいからか倒れた男に
手を貸そうと手を差し出すが…
「あ…あぁ…ゆ…幽霊船が…!ひ…ぃ…」
「幽霊船…?」
「そ…酒場に来てからずーっとこの調子」
「正直困ってるの」
男に聞こえぬよう小声で最後の方は囁いた
「ふ…む…?なんだかちょっと気になる話ねぇ」
少女のメガネの奥の瞳が好奇心で輝く
「ねね!おじさん、その面白い話、興味あるから詳しく聞かせてよ」
「え…あ…あぁ…」
恐怖で酔いが多少覚めたのかいつのまにかカウンターに並んでいた女をまじまじと
見つめ、身体を起こす為に差し出された手を借り、おぼつかない足取りで起き上がった
「私も…カリブの交易から帰ってきた所なんだ…航路は…アゾレスを通過する航路で帰ってきたんだが…」
「その…出たんだ…」
「幽霊船が…あぁ…恐ろしい…思い出すだけでも生きた心地がしない…」

男が言うには、アゾレスに差し掛かった時、周囲を濃い霧が覆い
辺りは生臭い匂いが漂いだし、そして
霧にまぎれて幽霊船が出たそうだ
ボロボロの帆、痛んだ船体、骸骨の船員がひしめく甲板
夜明けの光と共に霧も、幽霊船の船団も消えたらしいが……

「霧と共に現われ…夜明けの光に消える幽霊…面白い話ね!」
「本当だ!本当に出たんだ!見間違いじゃない!」
「ふ…むむ…アゾレス諸島付近で見たのね?」
少女の瞳は楽しそうに揺らめいている
「Manonさん…まさか見に行く…なんて言わないわよね?」
「そのまさか♪」
「危ないわ!幽霊なんてお話なんだろうけど、海の上なのよ?怖いわ」
「まぁ、クリスはここで待っててよ。真相を確かめてくるわ♪
帰ってこられたら、面白い話が一つ増えると思ってて!」


―――商会企画「Go to Davy Jones's locker Tour」に続くとか続かないとか…。
うわー!文章書いちゃったよー!
つたない文でスミマセン;
話とか、いつもはコマ割というか絵コンテで脳内展開なので
文章むずかしいヨー;

件の商会企画、フレンドさんとか外部で興味ある方も、参加募集中です。
脳筋成分多ければクエ攻略も可能…かな?
(私はきっと沈む…何秒もつかのタイムトライアルでs(ry…)
開催は8/25(金)夜10時くらいからです。
えぇ、思いっきり公式ライブイベントとかぶりましtwww
公式でラグやらイベントキャラ取り合いは嫌じゃぁ!という方、
この企画、どうでしょか~?
ライブイベ後の開始でもいいかなーとも思いますが、その辺もうちょっと煮詰めてみます。

ガチじゃなくて、わーわーキャーキャー言えて楽しいイベになるといいな!とか。

ちなみにこの話は、
パイレーツ図鑑(ジョン・マシューズ著)て本を買ったのでラム酒が一瓶とか
グロッグって単語使いたくて書いた!!w
この本はギミック満載で面白いです。入門書というかそんな位置の本というか
絵本というか…ここからそれぞれ興味もったら詳しく調べてねって感じの本です。
コメント
この記事へのコメント
文章、かっこいいじゃないですかーv-237
個人的には冒頭の歌が好きですヨー・ホゥ・ホゥw

商会企画、よいですねぇ。
脳筋成分がまったくない子なので、
参加しても沈むでしょうけど><
クロガネーゼの半分は
やらしさでできていますw
2006/08/21(月) 19:03 | URL | クロガネーゼ #fUnmc6zQ[ 編集]
わぁい、誉められた~♪
ヨー・ホゥ・ホゥは宝島にも出てくるそうで有名(?)な唄のようですよ!
怪しげな唄を盛り込むとそれっぽい雰囲気が出せるので好きな詩(?)ですw

企画、25日に予定してたのですが、
バイトが入ってしまい、延期という事になりました(涙)
ハロウィンが近くなったらまた、再度企画を練り直そうかなぁと思ってますので、またその時期に声かけまよ!!一緒に沈みましょう!!w
2006/08/21(月) 21:58 | URL | まにょん #L8AeYI2M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://clover317.blog6.fc2.com/tb.php/251-5d733d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
※まずは こちら をお読み下さい。「Manonさん…まさか見に行く…なんて言わないわよね?」 「そのまさか♪」 「危ないわ!幽霊なんてお話なんだろうけど、海の上なのよ?怖いわ」 「まぁ、クリスはここで待っててよ。真相を確かめてくるわ♪ 帰ってこられたら、面白い話
2006/08/25(金) 21:58:04 | あー、波が高いぜ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。